紙袋の活用方法いろいろ

subpage01

お店で買い物をした時や、お土産をもらう時などに増えていくのが紙袋です。何か使い道があると思ってたくさん家に溜めているという人も少なくないでしょう。
しかし、本当にその使い道を思いついているという人もまた少なくないのではないでしょうか。


そこで、紙袋を上手く活用できる方法があることを説明します。


まず、袋状という形を生かした使い道として、そのまま物を入れるという方法が一番手っ取り早く活用できる方法です。何か軽めのものを持ち運びたい時にサブバッグとして使うという方法はもちろん、外に持ち歩くだけでなく家の中でもその方法で使うことが出来ます。

例えば、ポケットティッシュやハンカチタオル、フェイスタオルなどなど軽めのものであれば中にいれて壁にかけておくだけで収納アイテムに早変わりです。

しっかりとしたダンボールの通販が一般的になってきました。

壁にかけておくのではなく、開いているスペースに置いているだけでも見栄えが悪くないというのが紙袋の長所です。
デザイン性に優れているものだと、インテリアとしても有効活用できるのです。



持ち手がない物や、また持ち手があるものでも持ち手部分を切り取るなどすればもっと使い道の幅は広がります。
引き出しの中を仕切る仕分けボックスとしても活用することが出来るし、机の上に置いておけば散乱しがちなものを整理するための小物入れになります。
また飴やチョコレートなどの包み紙などを捨てる簡易的なゴミ箱としても使用することが出来ます。



このように紙袋は部屋の中の見栄えを損なわないインテリア収納として活用出来ます。